スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リー!リー!リー!

野球のオリンピック予選のお話ですが、
かなりの視聴率を記録したということで、一筆したためようと思った次第デス。

中居くんが野球中継にとって無用の長物でしかないのは、
言わずもがなでありますが、

テレ朝のアナウンサーの煽りはいつ聞いても不愉快極まりない。
うるさかったデスよね。

改めて言うまでもありませんが、日本の野球のレベルは世界一であります。
バドミントンで言うとインドネシア。
卓球で言うと中国。
サッカーで言うとブラジルクラスです。

いくら韓国や台湾が強いといっても、格下には違いありません。
いくら勝っていても、向こうはいつやられるかも知れないとビビッているのです。

こっちが焦らない限り、点は取れるのです。
普通にしていれば、差が現れる。

それが格の違いというものデス。

そういう意味でダルビッシュの投球は見事でした。
本調子でないのに、抑える事ができる。

まさに横綱。
末恐ろしい若者デス。

ちなみに、ダルビッシュの妻サエコ嬢は、
2人の熱愛が発覚した前日のブログのタイトルが、

「やれば出来る子」
で、その2日後に妊娠発覚。

宮崎出身のサエコ夫人ですが、
知事もビックリのそのまんまでした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。