スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代

壱銭洋食

先日テレビを観ていたら、中島みゆきの『時代』が流れてきた。
もちろん、中島みゆきがTVに出るはずもなく、唄っているのは夏川りみ。

♪そんな時代も あったねと
 いつか話せる 日が来るわ


今年の祭では、長年続いた壱銭洋食が遂に廃止され、クレープ(?)に変わっていた。
しかも、初日で黒字を出したというから、恐れ入る。

私が1年生の時など、模擬店は出さずにフリマだけ。今とは隔世の感がある。
次の年からは、昔からやっていたという天むす(天麩羅とおむすび)。

そろそろ飽きたというので、2000年に違うモノをやろうという声が上がった。
その音頭を取ったのが、トップ画像のアヤッペリーノ(と那智愚論)である。

あやっぺの披露宴の日、私と辻犬は祇園で待ち合わせをし、
披露宴の前に当時を懐かしみながら、壱銭洋食を堪能したのだ。

当時、私の友人が壱銭洋食でバイトをしており、材料を聞き出して、
実際に試食にも行き、壱銭洋食は気合満開で祭デビューを果たしたのだ。

そんな事をしていた彼女も今や東京で新妻。
まさに、まわるまわる 時代はまわる。

現役学生諸君!
壱銭洋食を止めたら、先輩になんか言われるんじゃないかと思っただろう。

しかし、そんな事を気にしてはいけない。
創造者は破壊者でもあるのだ、クリエイティブなクラッシャーになるがよろしい。

歴史は繰り返すんだよ。


098L ツボ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。